閉塞性肥大型心筋症(HOCM)

「閉塞性肥大型心筋症(HOCM)」とは

心筋疾患の1つで左心室の心筋が肥大する疾患です。この中で特に左心室の出口周囲(流出路)の心筋が肥厚することで、血流が障害されているものを閉塞性肥大型心筋症とよびます。
閉塞性肥大型心筋症では、心臓の出口から血液がうまく流れ出ないことで心臓には負荷がかかり、体には十分な血液が行き渡らない状態になります。
進行すると疲れやすい、息が切れやすい、胸が苦しい、目眩がするなどといった様な症状がでてくることがあります。

「閉塞性肥大型心筋症(HOCM)」の治療について

心筋の負担をとり、進行を抑える為に薬物療法が基本となります。薬物療法を行なっても、狭窄が進行してしまう場合には心臓の出口の筋肉を減らし、血流を良くする治療が必要となる
場合があります。
閉塞性肥大型心筋症に対する介入治療は、外科的手術と、カテーテル治療があります。若い患者さんの場合には外科的に胸を開き、心筋を直接切り取ってくる方法が確実性などの面から
第一選択となることが多いです。血管の中から行うカテーテルでの治療(経皮的心筋中隔焼灼術(PTSMA))も岩手医大では可能となっています。
比較的、体に対する負担が少なく治療を行える点が最大のメリットです。

「経皮的心筋中隔焼灼術(PTSMA)」とは

肥大した心筋に純エタノールを注入することで、心筋を壊死させ、血流を改善させる治療です。

治療の手順を説明します。

  1. 治療は局所麻酔で、心血管造影室で行います。
  2. 手首の血管および首の血管から心臓まで2mm程度のチューブ(カテーテル)を入れます。
  3. 大動脈から、心臓の周りに走っている心臓を栄養する冠動脈まで至り、冠動脈の心臓の出口の筋肉を栄養する血管(心室中隔枝)を同定します。
  4. 心臓の出口を栄養する細い血管のみに局所的に純エタノールを注入します。
  5. 純エタノールが入った心筋は凝固壊死を起こし、心筋の収縮がなくなります。手技自体は2時間程度で終了します。
  6. 狙った心筋に十分薬が入ったことを確認し手技を終了します。
  7. 心筋が障害を受けるため、一時的に胸の痛みが出る場合、不整脈が悪化する場合などがあり、術後は集中治療室で観察します。
  8. 1週間程度、心筋の障害および不整脈などについて観察したのち退院になります。

心筋の収縮が弱くなることで直後から出口の狭窄は改善しますが、その後数ヶ月かけて中隔が薄くなり更に狭窄の改善が見込めます。
心筋の改善が十分でない場合には同様の流れで追加の治療を行うになる場合があります。

「岩手医大のPTSMA」

本治療は決して新しい治療ではありませんが、岩手医大では2019年から再開しました。2019年以降9例の患者さんを治療し、年齢75.4歳(57−84)、女性78%、初期治療成功100%、
術中合併症0%、術後の30日死亡0%と高い手技成功率を治めています。
また、治療の適応は心臓血管外科とも協議し判断しており、並存疾患、心臓の状況などを考慮し、カテーテルでの治療が難しい方、外科的治療が好ましい方には開胸での手術を
お勧めする場合もあります。