「全国屈指の症例数」
「国内屈指の手技成功率、安全性」
「米国での多くの手技経験のある医師の存在」

岩手医大のMitraClip

僧帽弁とは

心臓は血液を全身に送るポンプ作用を持っています。
僧帽弁は心臓の左心房と左心室の間にあり2枚の弁から構成されていて、乳頭筋、腱索などの心臓組織によって支えられています。僧帽弁がうまく開閉することによって心臓は全身に血液を送り出すことができています。

僧帽弁閉鎖不全症とは

何らかの理由で僧帽弁がうまく閉じることができなくなると、血液の逆流が生じて、僧帽弁閉鎖不全症となります。進行して心臓や肺に負担がかかると、動悸、息切れ、むくみなどの心不全症状が出現し、進行した場合、不整脈を引き起こすこともあります。

治療は

重症の僧帽弁閉鎖不全症に対する治療は、外科的手術(弁置換術・弁形成術)が根本的な治療とされており、現在も多くの外科的手術が良い治療成績を治めています。しかしながら、外科的手術が必要と思われても、高齢であることや体力の低下、また他の病気を抱えていることを理由に、身体にかかる負担が大きい外科的手術を受けることができない方が大勢いらっしゃいます。身体の負担が少ない経皮的僧帽弁接合不全修復術(MitraClip治療)は、そのような方々を救う治療として始まりました。

経皮的僧帽弁接合不全修復術(MitraClip治療)とは

うまく閉じられなくなった僧帽弁は強い逆流を生じます。MitraClipはカテーテルとよばれる細いチューブを用いて、血管の中を通して心臓まで道具を挿入し僧帽弁をクリップでつまむことで、血液の逆流を改善します。人工心肺は用いず、胸を切らず、心臓を止めることなく治療を行うことができるため、体に大きな負担をかけずに治療ができます。治療は全身麻酔下に足の付け根の静脈からカテーテルを挿入します。経食道心エコー検査を行いながら手術を進めていきます。クリップが付いているカテーテルを僧帽弁の適切な位置まで持っていき、僧帽弁をクリップでつかみます。逆流が残っている場合には、クリップを違う場所に置き直すことや、追加のクリップを留置することもできます。

アジアで最多の手術経験を持つ担当医による手術

MitraClipは2003年に初めて手技が施行されてから欧米を中心に始まり8万人以上の治療実績があり、日本国内では2018年から保険償還されました。2015年から2年間にわたりアメリカのCedars-Sinai Medical Centerでトレーニングを積み、多数のMitraClip治療を経験した中島祥文医師を中心とし2018年8月よりMitraClipを開始しています。数多くの経験を活かした治療を行っており、これまで良好な成績を治めてきました。

高い手技成功率と短い手技時間

2018年にMitraClip治療が開始されてからこれまでに多くのMitraClip治療を行ってきました。短い手術時間(平均手術時間: 87分)、術後の早期回復(術後平均在院日数は3.7日)を実現しております。また、初期治療成功100%※1、術中合併症0%、術後の30日死亡0%と高い手技成功率を治めています。北東北で唯一のMitraClip治療施設であり、多くの患者様に質の高い医療を提供できるよう日々努めております。

岩手医大の体制

当院では、1997年5月20日より附属循環器医療センターが開院以来、20年以上にわたり、ハートチームで、集約的な高度循環器医療を進めてまいりました。現在も、循環器内科専門医、心臓外科専門医、麻酔科専門医、心臓画像診断専門医や、臨床工学技士、看護師、放射線技師、事務職員など、多くの様職種の専門家によるハートチームで患者様の治療を行っています。また、岩手県内のみならず、秋田県、青森県の当院関連病院と連携を随時取りながら診療を行っています。各関連病院での弁膜症治療のご相談、術前検査なども可能となっております。

当院の治療成績

対象:
年齢:75.3歳(45-92歳)
機能性MR vs 器質性MR:48% vs 52%
外科形成術後 3例

平均麻酔時間:167分(127−255分)
平均手技時間:87分(52-149分)
平均デバイスタイム:49分(23-119分)
平均クリップ使用数:1.4個(1-2)
平均透視時間:14.4分(7-30分)
平均透視線量:0.08Gy(0.02-0.60)

初期成功率:100% (術後MR≦2, TMPG ≦ 5mmHg)
術中合併症:0%
術後平均在院日数: 3.7日(2-6日)(入院中患者を除く)
30日死亡:0例